会社案内


会社概要

会社名
株式会社養本社
所在地
〒501-0235
岐阜県瑞穂市十九条982番地 (アクセス地図)
電話番号
058-327-6600
FAX番号
058-327-4808
創立
1894年(明治41年) ・・・ 創業125年
代表者
代表取締役 土屋 雅裕
資本金
10,000,000円
従業員数
男性:16名 女性:2名
業務内容
  1. 清流マンゴー、清流ドラゴンフルーツの生産販売
  2. 緑化樹木
  3. レンゲの販売
  4. 植物の種子販売

沿革

明治29年 8月
農村振興策の一環として、農業協同組合形態の養本社を創設。我国産業組合法施工前に於いて、国本培養の意義を採り、部落を一団とした農業協同組合形態の組織。
明治33年 8月
我国初の紫雲英採種業の胎動と、開花検査法が制定それ、品種改良が始まる。
明治41年 6月
紫雲英種子採種販売を目的として、株式会社養本社を創立。資本金壱萬円也。
共同販売、共同購入、共同貯金を業務とした有限責任信用購買販売組合養本社を創立。土屋卯平は、初代社長及び組合長に就任。
大正11年 5月
土屋卯平襲名 2代目社長就任。
昭和10年 6月
緑肥種子配給協議会の結成。日本緑肥種子株式会社の設立。
昭和19年 3月
国家総動員法に基き、統制会社令が施工され、東京都内に日本緑肥種子統制株式会社を設立、社長に就任。養本社事実上閉店・休業し、各社員は各統制機関に転出。
昭和23年 2月
日本緑肥種子統制株式会社を解散。
昭和25年 2月
株式会社養本社再開。岐阜県種苗株式会社を買収し、独力経営を開始する。
昭和57年 4月
土屋正保3代目社長に就任。
昭和57年 7月
造園施工会社、株式会社中日本ランドスケープ創立。土屋正保が社長に就任。
昭和62年
株式会社中日本グリーンメンテナンス創立。土屋正保が社長に就任。
平成16年 12月
愛知万国博会場工事現場へ樹木納入。
平成18年 7月
土屋雅裕4代目社長に就任。

受賞歴

明治35年 5月
第5回内国勧業博覧会「二等賞 銀牌」
明治42年 10月
岐阜農会長改良普及功労として「名誉賞状」
明治43年 6月
記念昆蟲展覧会「感謝状」
大正2年
富山県主催総合共進会「二等賞 銀牌」
大正3年 7月
東京大正博覧会「二等賞 銀牌」
大正4年 10月
岐阜市主催御大典記念勧業共進会「二等賞 銀牌」
大正8年 11月
岐阜市制三十周年記念内国勧業博覧会「二等賞 銀牌」
大正11年 7月
平和記念東京博覧会「二等賞 銀牌」
大正13年 5月
福岡市御成婚記念萬国博参加五十周年記念博覧会「記念状」
大正14年 4月
熊本市三大事業記念国産共進会「二等賞 銀牌」
大正14年 4月
畜産工芸博覧会「二等賞 銀牌」
大正14年 5月
両陛下銀婚式記念関東産業博覧会「一等賞 金牌」
大正14年 7月
銀婚式奉祝国産奨励品調査会「名誉賞大金牌」
大正14年 10月
岐阜市主催銀婚式奉祝国産共進会「一等賞 金牌」
大正15年 11月
朝鮮全羅南道物産共進会「記念状」
昭和2年 5月
松山市主催国鉄開通記念全国産業博覧会「一等賞 金牌」
昭和3年 3月
愛知県農会主催中部4県農会聯合副業共進会「一等賞 金牌」
昭和3年 7月
大礼記念国産振興東亜博覧会「記念状」
昭和3年 11月
名古屋市主催御大典奉祝汎太平洋博覧会「名誉賞大金牌」
昭和3年 12月
御大典記念京都大博覧会「二等賞 銀牌」
昭和4年 10月
朝鮮大博覧会「感謝状」
昭和32年 10月
岐阜県主催農業振興文化展 農林省振興局長「感謝状」
昭和57年 4月
土屋卯平社長「黄綬褒章受章」
平成14年 11月
林野火災被災地の復旧に広葉樹苗木寄贈「岐阜県知事感謝状」
平成15年 4月
(社)「小さな親切」運動本部「実行賞」

メディア掲載等

2018年 7月
東海テレビ『ニュースOne』
「ふるさとーク」に弊社会長が電話出演 高井一アナウンサーとマンゴーのお話と試食
2018年 2月
東海テレビ『スイッチ!』
チャンカワイさんの紹介でシェ・シバタさんがマンゴーを使ったバレンタインチョコを作り、JR高島屋で販売
2017年 8月
東海テレビ『スイッチ!』
マンゴーとマンゴーハウスを紹介していただきました。弊社会長がチャンカワイさんと共演
2017年 7月
CBCラジオ レポドラ日記
「とっても美味しいマンゴーが岐阜県瑞穂市に!」取材していただきました。

アクセス地図